M男性関連

SMプレイでの挨拶、マゾヒストの定義と立ち位置、家畜人ヤプーの世界、M男性の理想の職業などM男性に関連したコラムです。

 

SMに関する多くの情報を入手しても、実際にプレイする段階では、頭を真っ白な状態でいる方が楽しめます。

 

その点では日頃の仕事も大切になってきます。

女王様に会えなくてもモチベーションアップ

女王様の調教を受けたくても、夢が実現しない事もあります。

  • 曜日や時間帯が合わない
  • 人気女王様で予約がなかなか取れない
  • 仕事が忙しい
  • SMクラブは遠くてなかなか行かれない

などの理由です。特に平日の昼中心に出勤されている女王様なら、都合のつかない男性の方も多いのではないでしょうか。

 

そのような逆境もプラスに変える事は可能です。

 

例えばお気に入りの女王様の予約が一杯で取れなかったとします。

 

「今頃女王様はM男性とプレイしているのか・・・」あれこれ考えていると仕事も手につかないかもしれません。

 

ですが、発想を変えるとモチベーションもアップします。

 

今回は日時の都合がつかなかった。今頃女王様はプレイをしているかもしれな。それなら、次回は必ず予約を取ってプレイする

 

気持ちを入れ替えたら、きっと目の前の仕事に集中して取り組めるはずです。

 

このように、実際にプレイする時も夢がかなわなかった時も日常にプラスの影響を与えてくれるのは見逃せません。

M男性関連記事一覧

M男性のウイークポイントを解説してみます。ボーリングではセンターピンを狙えば全てのピンを倒す事ができます。M男のセンターピンは何なのでしょう。M男性のウイークポイントは十人十色。しかし性感帯、快楽、匂いが大部分を占めるはずです。男性が心地よく感じる性感帯は亀頭や肛門、乳首などが有名ですね。ただ性感帯の刺激なら自分でも出来るし、一般的な風俗店で間に合ってしまいます。M男性はそれ以上のプレイを求めてS...

マゾヒスト(M)の呼び方って様々だと前々から感じています。便器、家畜人(ヤプー)、奴隷(スレイブ)、ボトム、豚(ブタ)、M、マゾ、M男、エゴマゾ、フェチ男等々。あなたはどれにあてはまりますか?多くの女王様の頭の中ではこれらの序列や定義があるのではと思います。「一体自分は奴隷なのかそれともM男なのか」「女王様は奴隷を求めているのかそれとも人間便器にしたいのか」など。自分が思っているのと、他人が思って...

一口にSMといっても十人十色です。敢えて分類すると「打撃系」と「フェチ系」に分かれるのではないかと思います。聖水プレイや足関連プレイはそれぞれ聖水フェチ、足フェチなどと呼ばれるように、フェチプレイの一種と考えられます。また、SMプレイはソフトからハードまでプレイ内容は様々で、ソフト系では、足を舐めたり、匂いを嗅いだり。ハード系では、一本鞭、黄金、複数女性によるリンチプレイ等のプレイが思い浮かびます...

SMが止められないのは、女王様とのプレイが印象的だからです。Mの主な喜びは人の役に立つ自身の成長を実感できる尊敬している人にお会いできるなどです。人の役に立つ喜びは、人間が持っている本源的な欲求の一つです。出来ない事が女王様の調教によって出来るようになるのは嬉しいものです。心から尊敬できる人に会うためには、自分も変わる必要があります。人間とは不思議なもので、甘いものを体が必要な状態だと甘いものが食...

ご存知の方はきっと多いかと思います。家畜人ヤプーという本、作者は沼正三(本名:天野哲夫)という方です。内容的には、恋人であった白人女性と日本人男性が一方は貴族に、もう一方は家畜人(ヤプー)になり仕舞いには、人間便器(肉便器、セッチン)として以前の恋人を使用するという小説です。恐らく、SMに興味がない方が読んでもさっぱり意味が分からないし嫌悪感を抱くと思います。家畜人ヤプーでは、日本人は家畜(ヤプー...

好きな事を仕事にするのは理想的ではあります。しかし実際に趣味を仕事にして生計を立てていく事は難しい面があります。特にM男性は性癖を実際の仕事に活かすのは大変です。ロシアの作家 ゴーリキー氏の名言好きな事を仕事に出来るのは人間にとっては一番幸せです。SMの素養を活かした仕事に就くことが出来たら最高ですね。少なくとも女性の役にたたない仕事だとストレスが溜まってしまうと思います。男性向き求人サイト解説は...

休みがあるから仕事も頑張れる人がいるように、SMがあるから、女王様がいるから仕事を頑張れる男性も少なくありません。仕事とSMで共通する喜びはお役立ちです。SMの多くの喜びの一つに「女王様の役にたつ事」があります。人の役にたつというのは人間誰もが持っている根源的な欲求です。実際の仕事でもお客さんに喜んでもらえる事なしに、長く働き続ける事は難しいです。女性向きの求人サイトに比べて男性専門求人サイトは少...