SMの調教料に関して

SMの調教料に関して

あなたは映画や旅行などを楽しんでいますか?

 

SMは物ではない精神的な満足を得ることが出来ます。

 

女王様は相当なエネルギーをM男性に与えていると考えられます。

 

女王様の素敵な調教がモチベーションになって、仕事を頑張ることが出来るM男性は、個人女王様へ支払う調教料金やSMクラブの料金も気にならないのではないでしょうか。

 

SMの調教料に関しては、女王様がプロとして活躍していて、個人調教をなさっているのか、あるいは、全くの素人の女王様かによっても認識は異なります。

 

  • 個人調教:原則として金銭授受が無い⇒接客スキルは不要
  • クラブでの調教:金銭授受がある⇒SMと接客のスキルが必要

 

プロ出身の女王様は、調教料を対価としてもらう場合が多いかもしれません。

 

女の人に普段から可愛がられる人は別にして、女王様から調教料を要求されたりすることは多いのではないでしょうか。

 

確かに奴隷は女王様よりも立場が低いので、そのような要求を受け入れてしまうのです。

 

色々な女王様に話を聞いたところでは、可愛い奴隷からは調教料はとらないとおっしゃっている方が多かったと記憶しています。

 

この話題は結構デリケートで、そもそも男性の快楽を満たすSMクラブの延長としてプレイを「してあげている」いわゆる個人女王様の立場からすれば、「料金」は頂いて当然という考えがあるのは当然です。

 

一方、恋愛関係の延長や発展としてSMを捉えるとそこには金銭の授受は無くて当然という考えもあります。

 

SMクラブで普段プレイしているM男性としてみたら、不況で給料カットなどが行われたとしても、それ(現実)に邪魔されないで、SMプレイ(理想)を受けたいという気持ちは当然あることでしょう。

 

男性向き求人サイトの解説参照

 

最近のSMクラブやフェチクラブでは、初めての女王様といきなりプレイが始まることはありません。あなたの性癖や得手不得手、要望などを事前にカウンセリングしてもらえます。

 

自ら用紙に書く場合もあります。なんだか「M患者」のような気持ちにさせられて逆にプレイへの気持ちが高まります。

 

記入用紙はなんだか「カルテ」に思えてきますし、女王様が「女医さん」に思えてしまう事もあります。

 

そう考えるとプレイ料金も病院やクリニックの診察&治療費という考えもあるのではないでしょうか。

 

カルテ以外にもSMクラブと一般的なクリニックは結構共通店が多い気がします。

  • 予約は必要(予約なしでも可能)
  • 通う必要がある

違うのはクリニックや病院に通うと症状が改善するのです。SMクラブやフェチクラブだと症状がなかなか改善しない点です。

 

SMクラブに行くお金がもったいない?

それなら集中して仕事をするか、長時間働いて、プレイ料金以上の成果を上げるのみ。

 

たとえすぐに仕事の成果が表れなくても蓄積の効果はいつか出てくるはずなので問題なし。