SMアイテムの持ち込み

SMアイテムの持ち込み

SMプレイで必要な道具。SMクラブでは道具が一式揃っています。

 

女王様のキャリーケースを持ったことのあるM男性なら、その重さに驚くことでしょう。

 

女王様が一通りの道具を持参している場合が多いので、基本的に手ぶらでも大丈夫です。

 

いずれにしても予約などの際に問い合わせてみましょう。

 

フェチ系のお店などでは、ソフトプレイ用の道具を取り揃えている事もあります。

 

プレイの特徴上、それ程本格的な道具は必要ないのではないでしょうか。

道具持参のメリット

  • 女王様の掃除の手間が省ける
  • 他人が使っていない安心感がある

道具持参のデメリット

  • 荷物になる
  • 紛失してしまう可能性がある
  • 女王様持参の道具と紛れてしまう可能性がある
  • 手入れをする必要がある

SMプレイで利用される主な道具

道具には使い捨てになるものや、だんだん量が減ってくる消耗品と通常の使用では、長く使い続けられるものに分類する事が出来ます。

 

消耗品

  • 蝋燭
  • ローション
  • テープ類

非消耗品

  • 全頭マスク
  • 手枷、口枷
  • 手錠
  • ロープ
  • 首輪
  • 鼻フック
  • アナルバイブ
  • ギャグボール
  • ペニバン
スパンデクスジッパーマウス ボールマスク

スパンデクスジッパーマウス

お店に全頭マスクの希望を伝えたところ、洗ったばかりで乾いてなかったので利用出来なかった事がありました。

 

全頭マスクなどは様々な種類があります。スパンデクスジッパーマウスは口の部分はジッパーが付いていて開閉が可能です。

ボールギャグ

ボールギャグ(ボールマスク)は口の中に装着すると涎が垂れてきてしいます。

 

ボールギャグなら嵩張らないし、女王様が掃除しなくて良いし、一石二鳥です。

SMクラブと道具持ち込み

当サイトで掲載させていただいているSMクラブのサイトのホームページで確認してみました。詳細はそれぞれのお店に念のためご確認願います。

 

(基本)持ち込みOK

 

事前に相談が必要

女王様に身に着けていただく物を持ち込みたい方もいらっしゃるでしょう。衛生面などから持ち込み出来ない場合が多いようです。

 

自分自身で装着するマイ道具を持ってくるケースというのはかなり限られて来ます。

SMプレイで持ち込み道具が必要なケース

  1. 道具へのこだわりが有る方は必ず確認しておきましょう。
  2.  

  3. お店で用意出来ない場合:SMの道具の種類は結構多く、お店で揃えていないケースもあります。

     

    その際は受付時に持ち込みの可否は確認すると良いでしょう。

  4.  

  5. 他の人が使っているのが気になる場合:SMクラブなどではマスクやロープなど道具の衛生管理はかなり徹底して行われているそうです。

     

    それでもボールギャクや全頭マスクなどは、他人が使用していない物を使用したいのではないでしょうか。

  6.  

  7. 個人的にパートナーを探した場合:マッチングサイトなどでパートナーを探す場合は、本格的な女王様以外では道具を持っている方は少ないです。

     

    特にSM未経験の女性は道具自体全く持っていない事が多いです。

SMアイテム入手可能なショップ

SMの道具は結構高い場合が多いです。そもそも持ち運べないような本格的な道具もあります。

 

SM専用ホテルなら本格的な道具が据え置かれている事があります。

  • タランチュラは世界各地から取り揃えたSM道具の数は5000以上と業界最大手です。人気のある道具は、ペニスリング、スパンデクスジッパーマウスなどのマスク関係、アナルトイ、貞操帯などです。
  •  

     

    • ワイルドワンは、1991年創業でネットショップ以外に実店舗も国内外に展開しています。メタル製の道具が人気のようです。
    •  

    • アダルトグッズKIYOではソフトSM入門セットはアイマスク、手枷、口枷、ローター、ミニローションの5点セットが揃っている初心者にピッタリです。

    まとめ

    SMは道具無しでも充分楽しめます。

     

    道具が無ければ楽しめないプレイも存在します。SM専門のショップが近くに無いときなどは、近くのホームセンターや百均に立ち寄ってみてはいかかでしょうか。

     

    日常ではSMとは関係の無い商品が道具に早変わり。

     

    実際のプレイを想像しながら商品選びをすると案外楽しいものです。