女王様に比べて短いM男の年間調教時間

女王様に比べて短いM男の年間調教時間

少年老いやすく学なりがたしという諺があります。SMでも同じことが言えます。

 

あなたの女王様とのプレイ頻度はどの位ですか。

 

SMクラブのセッション頻度に影響するのは、日常の仕事、予算、(SMクラブなどへの)距離、体力、傷跡の治り具合など。

 

多くは現実的な側面(阻害要因)と女王様への想い(助長要因)ではないでしょうか。

 

現実的な要因と女王様への想い(助長要因)とのジレンマ(板ばさみ)に陥っています。その妥協点が約1ヶ月の調教間隔です。

 

現実的な阻害要因がなければ、もっと多くのセッションを受けることが出来るのです。(SMのアンケートでも1か月以内という回答が多かったです。)

 

セッション間隔はさすがに、2か月とか空いてしまうと、調教の継続性と申しますか、女王様との親密な関係が築きづらい印象です。

 

調教が終わってからの1カ月は、長いようで短いです。まず調教後の10日位は、プレイの「余韻」に浸ることが出来ます。

 

 

また、次のプレイの10日前位になると、SMクラブに予約を入れたりするのでこの間は次のセッションへの期待感が徐々に高まります。

 

M男性の方も日常の仕事などにも、良い意味で影響するのこの頃でしょう。

 

この事に関連して嬉しかった記事はSMマニアック女王様 ナオミブログの中にありました。

 

ちょっと辛いと感じるのは、実質的には前のセッションと次のセッションの10日間位です。

 

1か月に1回、SMクラブで60分の調教(セッション)を受けるとして、年間12時間がM男性に与えられている女王様との貴重なプレイ時間です。

 

割合では年間0.1%程。これでは、女王様に受ける調教としては短すぎます。立派な奴隷になることは難しいです。

 

女王様はSMクラブで遥かに多くの時間を、M男性とのセッションを重ねスキルアップしているのと比べて。

 

対策は、
調教間隔を2~3週間に短縮する
セッションの頻度はそのままで1回あたりのプレイ時間を増やす
などが思い浮かびます。

 

実施させていただいたアンケートによると90分の調教時間という回答が多かったです。

 

どうしても、女王様とのセッションを増やせないのなら、あとは女王様にお会い出来ない時、にいかに多くSMや女王様の事を考え続けられるかです。

 

女王様のブログを何度も読むのも一つの解決策です。

 

他のM男性とのプレイ写真とかが掲載されると少し複雑な心境になります。次

 

に調教していただく女王様の公式ブログは欠かさずに拝見しています。