女王様に読んで頂ける文章を

女王様に読んで頂ける文章を

メールやSNSで多くの文字を入力する機会が増えました。しかし、中身は充実しているでしょうか。

 

マッチングサイトでは、気持ちを込めて相手に思いを伝えていきましょう。

 

SMを文字だけで説明するのがむずかしいように、相手に見えない気持ちを伝えるのは大変です。

 

文字入力が苦手な方は音声を活用できるサイトを利用するのも一つの方法です。

 

それは誰でもおなじです。少しの工夫が大きな違いを生みます。

 

SMのパートナーをネットで探す場合に覚えていて欲しいのは、奴隷(M男)志願者は多いが女王様は少ないということです。

 

SM専門の出会いサイトでは恐らく女王様が掲示板で募集をかけたら、非常に多くのM男性の応募があると考えてよいでしょう。

 

まずは前提条件

 

マッチングサイトに書き込むときは相手のイメージを出来るだけ具体化する事です。

 

まだ見ぬ相手なので最初のうちは、今までにお会いした女王様や動画に出演されているS女性でもかまいません。あるいはリアルに会っている女性でも構いません。

 

不特定を相手に文章を書きはじめると、落としどころが見つからず、フワフワとした文章になってしまいがちです。

 

女王様は多くのメールのなかから興味を引くM男性を選ばなければいけないのです。

 

女王様に出すメールは、他の多くのM男性が出すメールに埋没しないような文章力が最低限必要です。

 

全く会っていない状態で、女王様の気を引かなくてはいけないので、メールの中身はかなりの吟味が必要です。

 

M心が伝わるよう心をこめて、オリジナルのあなただけの言葉で書くことがポイントです。

 

女王様とのメールのやり取りで気を付けた点
  • 普段から女性に対して優しくしている。
  • エゴマゾではない。←あれが出来ませんこれが出来ませんでは難しいかも。
  • メールの文面をコピペで使いまわさない。←女王様に返事を出すときは○○女王様と呼ぶ。
  • あれこれ注文を出さない。
  • 出来るだけプロフィールを詳しく、女王様があなたを想像できる位書く。
  • 文章は多くもなく、少なくも無く。
  • 会いたい気持ちを抑えて、心に余裕を。
  • 普段はどんな生活を送っているか。
  • Mに目覚めた切っ掛けは何か。
  • 常識的な受け答えか。
  • なぜ、SMクラブではなく、素人女王様か。
  • なれなれしくはないか。
  • 女王様にとってあなたに会うとどんなメリットがあるのか。
  • 返事は迅速か。←日にちが経てば経つほどNGです。PCから携帯に転送したり工夫しましょう。
  • 車でお迎えが出来るか。←特にSMクラブの女王様にはアピール出来ます。
  • どこで会えるか。←会いたい時に会えなければ長くは続かないでしょう。
  • 誠実さ、真面目ささが伝わるか。

などを文中に書いていけば、良いと思います。女王様の側としては、M男性が普段きちんと仕事をしているか結構気にしているものです。

 

その点も伝えていったほうが良いでしょう。「普段は恋人のように、部屋に入ったら女王様と奴隷」のようなフレーズを入れたことがありました。その時の反応はとても良かったです。

 

文章に情熱を注ぐ

ナチュラルボーンスレイブ(生まれながらの奴隷)もありかもしれません。

 

ですが、社会人と奴隷の切り替えが効くM男性を求めている女王様も多いのでしょう。

 

それから、タイトルを書くことが出来る掲示板などでしたら、他のM男性があまり書いていないような、一風変わったものを付けるのも良いかも知れません。

 

数多くの中から女王様は選ぶのですから、タイトルはかなり重要です。中身を見てもらえる工夫をしましょう。

 

メールや掲示板でのやり取りは、会う前の第一のハードルです。SMの出会いでもいかに女王様の心の扉を開けることができるかにかかっています。

 

テクニックだけでは、実際に女王様と会った後が続かなくなるものです。

 

結局はM男性としての「やる気」「熱意」「誠実さ」「従順さ」などが女王様に伝わるかにかかっています。

 

文章というのは意外に情熱を伝える事が可能です。

 

これは文章力ではなかなかフォローできないのです。

 

普段から女性に対して優しいM男性は、自然に文章にも気持ちがこもった内容になるようです。

 

M男性が「冷やかしでは」と感じるように、女王様の側もM男性の本気度をメールでチェックしているようです。

 

女王様のメールの中に、「真剣?興味本位?」などの記載があったら、女王様は本気でパートナーを探していると考えて間違いないでしょう。

 

女王様の奴隷募集の掲示板で気になる書き込みがあったとします。

 

そして女王様に返事を書き、無事に返事を頂きました。お返事をいただけたで気を抜かないことです。

 

この2度目のやり取りで、嬉しくなって、的を得た内容のお返事を上手く書けなかったと反省しています。

 

女王様の側としては、数多く来る奴隷からの返事を選別していたと思われます。

 

1度目のメールは、女王様としても、挨拶がてら。特に掲載間もないころに届いたメールに対しては、お返事を比較的多く書いている方が多いはずです。

 

奴隷に送る最初の返信メールには、女王様から奴隷としての心構えや質問事項を忍ばせる事が多いのです。

 

その質問に適切に答えることは3度目以降のやりとり、ひいては実際に面談にまでたどり着けるかにおいてかなり重要なのです。

 

3度目以降のメールが返信されてきたら、後はとんとん拍子に進むことが多いでしょう。

 

2度目のメールは女王様をお待たせすることなく、内容が充実した返事を心がけなくてはいけないので、気をつけましょう。

 

掲示板への書き込みなどは8割から9割近くは失敗だったように思います。それでも残りの1割から2割ではなんらかの反応がありました。

 

ある程度失敗経験を積み重ねていくと、女性の反応が分かってくるのは日常生活や勉強、仕事と一緒です。

 

アメとムチという言葉があるように、全てが失敗だったらとっくに挫折していた事でしょう。

 

⇒ジャンルは異なりますが「質より量に学ぶ」は参考になります。(別画面で開きます。

 

人気マッチングサイトランキングはこちら