美人女子大生刑罰官 流血・絶叫の拷問調教

美人女子大生刑罰官 流血・絶叫の拷問調教の鑑賞体験記

美人女子大生刑罰官 流血・絶叫の拷問調教 を実際にDUGAからダウンロードして見てみました。

 

女子大生である、ラミィー女王様はとてもスリムな方です。そんな、ラミィー女王様を尾行し、部屋まで着けていったのは、先輩にあたる、タカです。

 

ラミィー女王様が自宅に入るなり、タカも忍び込みました。後ろから抱きつかれ、驚き動揺する、ラミィー女王様でした。すぐに反撃に転じました。

 

「離せよ!」タカをなんとか振り解くと、もう形勢は逆転しました。いきなり鋭い蹴りをタカに見舞いました。

 

「あんた先輩じゃん」そこでタカが先輩であることを悟りました。

 

タカは眼鏡をかけた、弱そうな男でした。「お前が好きなんだよ」タカは弁解しました。そんなのが通じるわけはありませんでした。

 

ラミィー女王様はタカを殴るは蹴るは、手加減なしです。 倒れこむタカでした。さらに蹴りはエスカレート。本当に痛そうなタカでした。

 

「嫌だったら、逃げたら?」その言葉に、一瞬タカは逃げようとしました。観念したようです。

 

「許してくれよ」と懇願するタカに、ラミィー女王様は、「お前は犯罪者なんだよ」と一言。

 

仰向けになったタカに馬乗りし、首を絞めたり、殴ったりしていました。次のシーンでは、タカは後ろ手に縛られ、天井から吊るされ、自由が利かない状態にされてしまいました。

 

「ねー先輩、なんでこんなことするの」ラミィー女王様は尋ねると、タカは、「お前が好きだから」と、ここでも同じ返事をしました。

 

ストーカー行為という犯罪行為をした、タカはラミィー女王様に弱みを握られて、「何でもする」と言ってしまいました。

 

S趣味があるラミィー女王様はその言葉を待っていたようでした。

 

それ以降は、金蹴りを中心に、タカの全身にダメージをラミィー女王様は与え続けました。

 

「脚開け」と何度も言われているにも関わらず、閉じてしまうのは、男として同情しました。

 

次のシーンでは、ようやく金蹴り地獄から、解放されたタカは洗濯バサミを顔や体に着けられていました、それを、ラミィー女王様はバラ鞭で掃い落していました。

 

タカの口から出てくる許しを乞う言葉は、「許してくれ」と命令口調だったのが気になりました。

 

もともと先輩でM男ではないので、仕方はないと思います。。ラミィー女王様にその点を指摘され、徐々に言葉使いも、直されて行きました。

 

うるさかったタカの口は塞がれ、片足だけ吊るされた状態での、乗馬鞭が続きました。かなり痛そうでした。

 

この日はラミィー女王様の奴隷になるということで、調教はひとまず終わりました。タカは、一日吊るされたままだったようです。

 

次の日の調教も、前日と同じような、鞭打ち中心でした。このあたりは鞭打ちマニアの方には嬉しいシーンの連続でした。ラミィー女王様は、靴も舐めさせました。

 

嬉しそうに舐めないと、鞭がすぐに飛んできました。「惨めな姿だね」ラミィー女王様に言われた、一応先輩のタカの心境はどんなものだったのでしょうか。

 

タカによって、綺麗にされた、ヒールによって、ラミィー女王様は踏みつけ始めました。

 

ヒールの刻印が刻まれるタカ。タバコによる根性焼きも行われ、最後はしたで、タバコの火を消したタカでした。(これは、以外に熱さは感じないものです。)

 

画面は切り替わり、今度は水責めでした。浴槽に一杯に張られた水の中に顔を突っ込まれるタカ。とても苦しそうです。相当水も飲んでしまっているものと思われます。

 

一旦水を抜き、タカを浴槽に横たわらせた後、ラミィー女王様はタカの仰向けの体に乗りました。

 

その状態で水を入れていくタカは、命乞いをします。タカの運命はどうなるのかと思いました。ラミィー女王様はギリギリで水を止めました。

 

「屈辱の奴隷生活」次のシーンは、そんなテロップからはじまりました。檻に奴隷が入っていて、別の目隠しをされた奴隷がラミィー女王様に連れられてきました。

 

どっちがタカかと思いました。檻に入っているのがタカでした。

 

あれ程抵抗していた、タカもすっかり、ラミィー女王様の厳しい調教をうけて、従順になっているの。

 

差し出された足を舐める仕草でわかりました。

 

目隠しを取った時、二人とも驚いていました。どうやら知り合いだったようです。

 

タカが奴隷としては後輩(2号奴隷)ということで、先輩奴隷(1号奴隷)のアナルを舐めるように、ラミィー女王様は命令し、タカはそれに従いました。

食事の時間になり、二人は犬のように食べ物を与えられていました。返事は「ワン」といつの間に、犬言葉になっていました。

 

その後散歩が終わり、2号奴隷はラミィー女王様に「お水欲しい?」と尋ねられました。ここで、お水=ラミィー女王様の聖水かと勝手に想像しました。しかし、1号奴隷のおしっこのことでした。

 

画面がモザイクがかかっていて良くはわかりませんでした。1号奴隷のおしっこをカテーテルで2号奴隷の口に注いでいるようでした。

 

その後は、顔や乳首、ち○ぽなどへの針責め、背中、お尻へのカッティングなど。行われ、奴隷2号(タカ)はラミィー女王様の名前が刻まれて終わりました。お礼を言う奴隷2号の今後が気になります。

 

美人女子大生刑罰官 流血・絶叫の拷問調教は、全体としてかなりハードな責めが続きます。

 

蹴り、鞭は手加減なしです。また、水責めシーンなど他の動画では、あまり見かけない調教なども見ることが出来ました。

 

残念ながら、美人女子大生刑罰官 流血・絶叫の拷問調教では、ラミィー女王様の聖水シーンなどはありませんでした。

 

ラミィー女王様は、とても言葉遣いにしても、調教にしてもとても素晴らしかったです。

 

美人女子大生刑罰官 流血・絶叫の拷問調教はハードなSMプレイを嗜好するM男性向きの動画です。

 

美人女子大生刑罰官 流血・絶叫の拷問調教の動画サイトはこちら