咀嚼プレイでの妄想

女王様やSMクラブの情報サイト

女王様データベース

あなたの投票が女王様の順位を決める女王様データベースはSMクラブの割引クーポンも手に入れることが出来ます。SMクラブやフェチクラブが特に多いエリアは東京名古屋大阪、です。

咀嚼プレイでの妄想

あやの様は私を呼び出しました。ご飯は食べてこなくて良いとのこと。待ち合わせ場所は、駅の近くの居酒屋でした。あやの様と一緒に食事が出来るとわくわくしました。その居酒屋は、個室のような仕切りがある所で、店員を呼び出しベルで呼ばなければなりませんでした。

 

様々な料理やビールを注文したのち、料理が持ってこられるとあやの様は私に足元に跪くように命令しました。こうなることは呼び出されたときに薄々気がついていました。

 

あやの様は取り皿を床に置くと、私に「ご馳走」を持ってきてくれました。あやの様のご馳走は、食べ残しです。ご飯は咀嚼されたものをお皿にお乗せになりました。あやの様の唾液でグチャグチャになったご飯はおかゆのようでした。それを食べるように命令されましたが、私は少しも躊躇をしませんでした。

 

あやの様の唾液が混じった生暖かいご飯の味は格別でした。他には骨付きの鶏肉もいただきました。鶏肉といってもほとんどあやの様がお召し上がりになっていた残り物なので、肉は骨にはほとんど付いていない状態でした。

 

あやの様は手を使わずに食べるように命じられました。その光景はほとんど犬以下です。周りは薄暗く、この光景はだれにも見られていませんでしたが、内心は誰かに見られて、さらなる被虐感に浸りたい気持ちもありました。

 

「喉かわいたでしょう」この言葉はM奴隷に良くお使いになる女王様の決まり文句です。もちろん普通の飲み物を与えることはありません。女王様の体から出る特製のドリンクです。

 

ビールジョッキを飲み終えたあやの様は私にジョッキを持って、秘部に近づけるように命令されました。ジョボジョボとビールジョッキに注がれる、聖水の色はとても綺麗でした。「飲みなさい」あやの様の体を通してろ過された聖水はほんのりビールの風味がしました。

 

関連記事:咀嚼プレイ無料動画サンプル


HOME MISTRESS-SITE MOVIE GALLERY SITEMAP