ヒールでの踏み

体に刻まれるスポットサークル~ヒールでの踏み

ヒールで踏まれるのは、かなり危険を伴います。

 

特に肋骨あたりに全体重がかかったりすると、最悪骨折などの危険があるので、かなりの注意が必要です。

 

願望としては、床になって女の人の全体重を受け止めてみたいということがあります。仰向けになって、女王様に踏まれるのはとても屈辱感があります。

 

痛さは相当なものです。いくら体重の軽い女王様とはいえ、ヒールの形状や大きさによっては耐え難いものがあります。

 

特に、ヒールがささくれてしまっていたりしたときは痛さが倍増します。

 

特に痛いと感じたのは手や足の甲の部分をヒールで踏まれると物凄く痛くなります。恐らく肉の部分が少ないからだと思います。

 

高いヒールの場合どうしても重心がつま先にかかるので、一番痛いのは、意外にローヒールではないかと思います。


画像をクリックするとOL Foot Jobの詳細ページへ移動します。

ヒールで思い切り踏まれると、まず皮が剥けたり、内出血がおきたり、かすったりした場合は、擦り傷になったりします。痕はかなりの間残ります。

 

結婚されている方や、体に傷が残るとまずいという方は、素足やパンストで踏んでいただくようにお願いするのがよいでしょう。パンストでしたら、顔を踏んでいただくことも可能です。

 

体に刻まれた女王様のヒール跡を見るだけで、女王様とのプレイを思い出したりします。

 

SMではハイヒールは私としては無くてはならないものです。女王様としてもハイヒールを履くことによって、奴隷を一層「見下す」ことができるのです。

 

女王様は比較的高身長の方が多く、SMクラブのアルバムでも身長が記載されていることが多いです。

 

身長が175センチもある女王様が10センチのハイヒールを履いてSMプレイをしていただくのは、とても嬉しいものです。

 

それにしても、女王様にヒールで踏まれるたびに感じるのは、人間の皮膚というのは丈夫に出来ているということです。

 

皮膚だけでなく、骨もかもしれません。普通に考えたら、あれ程の力がヒールに集まったら、食べ物とかだったら簡単に貫通してしまいますから。

 

基本的に、女王様は踏むことは好きなようです。踏むことによって奴隷の顔がゆがみ、悲鳴があがり、ヒールの刻印が付き、そのことは、女王様の喜び・快楽なのかもしれません。

 

人間が人間の顔を踏むのはある意味タブーなので、逆にそれが好きな女王様も大勢いるようです。

 

女性に踏まれるということはSMプレイでは無くてはならないほど、大好きなことです。

 

大好きなのは、女王様がハイヒールを脱いで私の手とかを踏んでいただくことです。

 

ほんのり湿り気がある女王様のストッキングの足に踏まれる感覚は足フェチにとっては格別です。