蹴り・金蹴り

場所によって痛みは異なる蹴り

踏みに似ていて、蹴られる場所によって痛さが異なります。一番もちろん「あそこ」です。

 

はっきり申し上げて耐えられない激痛が走ります。他の部位を蹴られるのでしたら特に問題ないのです。

 

SMのプレイでは蹴りは「ハード」な部類に属します。もちろん力加減にもよります。

 

蹴りの種類としては、踵を使って蹴るのか、膝蹴り、等によっても痛さは違ってきますし、素足やソックスをはいている時とヒールで蹴られる時でも痛さは違ってきます。

 

また、女王様の人数が複数になると集団心理が働くのか蹴りはリンチプレイのようになるので注意が必要です。(画像はこちらでお借りしました)

 

昔、若い素人女性2人組みに蹴られたことがありました。

 

彼女たちは本当に思い切り仰向けになった自分の胸を、靴を脱いだ足で蹴った際肋骨にヒビが入ったのではないかと思われることがありました。

 

それは、くしゃみとか咳をしたとき本当に痛かったからです。(その後は自然に治って?事なきを得ました)

 

いい年をした大人の男性が、年下の女王様に蹴られている光景は女尊男卑の象徴です。

 

実際に女性に蹴られるのに気が引ける方は、無料動画サンプルのページに女王様がM男性を実際に蹴るシーンが有るので、ご覧ください。