咀嚼(そしゃく)プレイ

食べ物と女王様の唾液が混じりあう咀嚼(そしゃく)プレイ

咀嚼とは食べ物などを良く噛んで細かくする事が本来の意味です。

 

一般的に使われるときには「文章を咀嚼する」という使われ方もされ、文章を細かく砕いて分かりやすく理解する事などの意味を持ちます。

 

咀嚼も大好きなSMプレイの一つです。フェチ系のプレイに入ると思います。

 

このプレイの特徴は、聖水プレイ黄金プレイと異なり、密室でも、人前でも両方可ということです。

 

密室で実際体験して、記憶に残っているのは、女王様が食べていたモノを、「ペッ」と吐いて、それを食べるようにおっしゃられた時です。

 

本当に感動しました。「食べても宜しいのですか?」と心を躍らされて許可を頂いてから食べました。

 

また、レストランで、肉の脂身をやはり、一度口に入れてから、テーブルナプキンに包んだのです。なんとか女王様にお願いして、それも頂いた経験があります。

 

咀嚼プレイは、鞭とか蹴りとか動的なプレイとは対極の静的なプレイです。

 

きちんとSMクラブでも、プレイ内容としてあるので、熱い、痛いが苦手な人は、食べ物持参でSMクラブに行ったり、レストランなどで、女王様にお願いしてみてはいかがでしょうか。(画像はこちらでお借りしました)

 

咀嚼プレイは大好きな方なので、SMクラブに行く際は「食べ物」持参で行くことがあります。具体的にはパンやおにぎりなどが多いです。

 

ホテルなどには備え付けのお皿があることが多いので、女王様が食べ物を咀嚼していただいた後に、その上に吐いていただいて犬のように手を使わずに食べるのはとても被虐感が味わうことが出来ます。

 

目の前にある、咀嚼物は女王様の唾でグチャグチャです。でも直ぐに食べれば、女王様のぬくもりを感じられるのです。

 

咀嚼プレイの無料サンプル動画はこちらでご覧になれます。