サクラと業者をさらりと避けてマッチングサイトを快適に利用する

マッチングサイトを利用する目的は、女性と会いたいからですが、ここはその気持ちをグッと抑えて、メッセージのやり取りをして、相性が良さそうだったら会うと考えてみるのも良いでしょう。

 

「会いたい⇒マッチングサイトを利用する」ではなく「メッセージのやり取りをしてみる⇒実際に会ってみる」でちょうど良いかもしれません。

 

さらに、実際に会って話を聞いて、プレイしたくなったら、当日や次の機会にSMプレイをするのでも遅くないのではないでしょうか。

 

あせる気持ちに歯止めをかけてくれるのが、SMクラブやフェチクラブの存在です。プレイならいつでも出来るとどっしり構えていれば、業者などに遭遇する確率を減らすことも可能になります。

 

出会い系マッチングサイトやアプリで気になるのがサクラと業者ですよね。サクラ=業者と思っている方もいるかもしれませんが、実際はそれぞれ別になります。

 

サクラの本来の意味は、人気があるように装うことです。誰でも、人気のあるお店を使いたいのは、失敗したくないからです。

 

出会いのマッチングサイトでも、まったく返事が来ないのなら、なんだか不安になってしまいますよね。

 

マッチングサイトでは、本来の意味で使われることもありますが、利用者のポイントを巧みに使わせることでも使われています。

サクラは大手なら存在しない

サクラとはサイト運営者側に雇われて、客のふりをして利用者のポイントを消費させる役割をもっている人です。

 

サイトには料金体系によって3つに分けることができます。

  1. 登録・利用ともに無料
  2. 登録無料、利用はポイント制
  3. 月額料金制

この中でサクラが出る可能性があるのが、2番目のポイント制のサイトになります。お金がかからない完全無料のサイトは、サクラにとっては意味のないことになります。

 

同じく月額料金制なら消費ポイントが存在しないので、サクラが存在し得ないのがわかります。このことから、定額制のマッチングサイトは安心して利用できることがわかるのではないでしょうか。

 

サクラはサイト運営者が雇っているので、運営側が雇わなければ良いだけなので実は対策はかんたんなのです。

 

サイト運営者がサクラを使っていない、大手マッチングサイト(PCMAX、ワクワクメール、ハッピーメール)などを利用者が選べばすむことでもあります。

業者は完璧に防ぎきれない

サクラと違って業者の存在は、サイト運営者にも利用者にも迷惑といえます。

 

サクラがサイト運営者に雇われているのに対し、業者とは悪意を持った第三者といえます。

 

業者がなぜサクラのいない大手マッチングサイトにも出没するのかおわかりになるでしょうか。

 

「お客を取りたいから」です。風俗店に例えると、お店にやって来たお客さんに、「こっちにも良いお店があるからどう?」と勧誘するようなものです。

 

お店にしてみたら、せっかくのお客さんを取られたとこになるのです。

 

その他にも、メールアドレスなどの個人情報を収集する業者なども存在します。

業者を完全に防ぐのはむずかしい

優良なポイント制サイトや会員制サイトであっても、完全に業者の登録を排除するのはむずかしいものです。

 

多くの出会い系マッチングサイトは誰でも登録できるのは、利用者にとっては嬉しいですが、業者もスルスルと入ってくることになるともいえます。

 

その人が第三者に雇われている、あるいは悪意を持っているかまでは、登録段階ではわからないのです。

 

サクラがサイト運営者の考えで排除できるのと大きな違いがおわかりになるのではないでしょうか。

業者の見分け方

サクラもいて、業者も存在するのなら、まじめな出会いを求めている女性を探すのが一苦労になってしまいます。

 

一方、PCMAXワクワクメールハッピーメールなどはサクラが存在していないので、業者を見分けることに集中できます。

 

今まで利用していた経験からメールの特徴は次の通りです。

  1. 初めましてで始まる
  2. プロフィールに顔がはっきりわかる写メ画像を掲載している
  3. あたりさわりのない内容
なにもアクションしていないのに「初めまして!」で始まるメールが届く

新着メールが届くとなんとなく嬉しいものです。メールは掲示板にメッセージを掲載した時に届くことが多いです。

 

掲示板への投稿、プロフィールの変更を行っていない時に届くメールはタイトルがだいたい一緒です。

 

「初めまして」や「はじめまして」で始まるタイトルばかりなら、業者と考えて間違いありません。

プロフィールに顔がはっきりわかる写メ画像を掲載している

風俗店でも顔をボカしている女性が多いなか、メールでははっきり表情のわかる写真を掲載していること自体ありえないこと。

 

メッセージの相手が知りである可能性もあるからです。いきなり男性の好奇心を誘うような写真をプロフィールに掲載しているメールが届いたら要注意と言えます。

あたりさわりのない内容

こちらのプロフィールや掲示板への掲載内容など関係ない内容で届くメールも業者である可能性が大です。

 

もしくは、同じような内容のメールを多くの相手に送信しているかです。

 

反対にあなたの内容をしっかり読んだ形跡のある内容なら本物である可能性が高いです。

 

サクラと業者の違いはおわかりになったでしょうか。お金の流れを見ると両者の違いが明らかになります。

  • サクラの場合:利用者(のポイント)⇒サイト運営者⇒サクラ
  • 業者の場合:利用者⇒業者

最終的にマッチングサイト運営者か業者が儲けるシステムになっているのは共通ですね。

サクラのいないサイトを利用し業者を見破ればOK

サクラと業者の両方に対応していては面倒なので、サイト運営者がサクラを使っていないと宣言している大手サイトを利用するのが安心です。

 

さらに、電話認証があるサイトなら、かなり業者との遭遇を防げることでしょう。

 

その上で、アヤシイ業者のメールに関わらなければ、自然にチャンスはやって来ます。

 

業者のメールは「業者の見分け方」にもあるように、利用しているとその特徴がわかってきます。

 

マッチングサイトも「おいしい話ほど冷静に」のスタンスで利用すれば大丈夫です。

業者が登場するのは人気サイトの裏付けでもある

業者が面倒な認証を突破してでも、大手のマッチングサイトを利用するのは、集客力に魅力を感じているからだと考えています。

 

登録者数の中で実際にどれくらいの人が利用しているかは、PCMAX以外は明らかになっていませんが、1000万人~1700万人が登録しているサイトが多いです。

 

もし、閑古鳥が鳴いているような、人気のないマッチングサイトなら、わざわざ年齢認証や電話認証をして大手マッチングサイトに入り込むことはないはずです。

 

このように考えてみると、業者はある意味、大手マッチングサイトの人気にあやかっているとも言えますね。